つながりで生み出す大きな変化:インドネシアに広がるバイオダイジェスター

2019年08月18日

イーズとチェンジ・エージェントは、12年前に世界各国の集まる国際会議に参加した際「先進国のお金の1%を発展途上国に回せれば、途上国の気候変動に関するかなりの問題を解決できる」という考えを知り、同じ会議に参加していたインドネシアの参加者に声をかけました。それから継続的にインドネシアのNGOを通して、収益の1%以上のお金を途上国に回す取り組みを続けています。寄付や事業を通じてどのような変化が作り出されたのでしょうか。

「就職を考える○○さんへ~未来は地域にしかない」

2019年04月02日

山陽新聞の「提言」というコーナーへの寄稿です。「大都市に出て行って就職するのが良い」というのは今でも通用するのでしょうか? フェイスブックでも多くの方にシェアしていただいている短い原稿とデータの解説をお読みください。 (ここから) 就職を考える○○さんへ ○○さんへ。お便り拝見。もう就職を考える年齢なのですね! 自分は地元に残りたいのに、ご両親が「田舎には将来がないから、都会に出て行って...

2015年から2045年の間に約110万人も増加!? 東京都で深刻な高齢者の増加

2019年03月24日

日本が高齢化社会であることはよく知られています。しかし、高齢問題には、「高齢化率」と、「高齢者数の増加」の2つの側面があることはあまり知られていません。高齢化率が高いのは主に地方ですが、高齢者数の増加が深刻なのは都市部、特に東京都では今後非常に深刻になり得る問題です。そして、この2つは性質が異なる社会問題を生み出します...

熊本県南小国町の職員の皆さんと、岡山県西粟倉村へ

まちづくりのお手伝いをさせていただいている熊本県南小国町の職員の方々と一緒に、岡山県西粟倉村に2泊3日で視察研修に行ってきました! 西粟倉村は、岡山県北部の鳥取県と兵庫県の県境に位置する人口約1400人の村です。 百年の森林構想、ローカルベンチャー事業による移住者・起業の増加など、官民が連携した先進的な取り組みをいく...

高齢化社会の真の弊害とは

渋沢栄一翁は66才の頃、「老人になると、とかく過去のみを顧みてその感想を語る弊が多い。例えば昔の力士は大きかったとか、以前の俳優は今の役者よりも上手であったということは、よく耳にする所である。これに反して若い人は過去が少いゆえ、未来ばかりを説く。その未来のあるのがすなわち若い人の生命で、勉めて止まなければ必ず名を成すも...

(はじめにより) ここ数年、海洋プラスチック汚染の問題の顕在化によって、プラスチックごみ問題が世界中で注目を集めるようになった。これは世界規模で起こっている深刻な環境問題であり、とくに海洋プラスチック汚染は「21世紀最悪の環境問題の一つ」とも言われている。私たちの健康や産業・経済...

2019年06月21日|日本経済新聞社
八千代エンジニヤリング株式会社
2019年06月11日|富士通株式会社
2019年06月06日|株式会社マンダム
2019年04月12日| 株式会社ミナモト建築工房
日刊 温暖化新聞 アーカイブ
私の森.jp
チェンジ・エージェント(Change Agent)−「変える」メソッドを経営へ
「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内
人生のピークを90代にもっていく!――折り返し地点から、「死ぬまでハッピーな人生」をつくる ぶれない軸をつくる東洋思想の力 アニマルウェルフェアとは何か――倫理的消費と食の安全 地元経済を創りなおす――分析・診断・対策
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
講演のご依頼お問い合わせはこちらから
メールマガジン(不定期・無料)環境メールニュース 登録/解除はこちら
2019年11月6日‐7日 社会変革セミナー「ソーシャルインパクトを測る」
チェンジ・エージェント 「変える」メソッドを経営へ 2019年10月24-25日 組織開発セミナー「学習する組織 5つのディシプリン」 2019年10月31日-11月1日 学習する組織シリーズ「システム思考トレーニング」2日間集中コース(基礎・実践A) 2019年11月20-21日 学習する組織シリーズ 「行動探求~個人と組織の発達を導くリーダーシップ」 2019年12月19日-20日 リーダーシップセミナー 「システムアウェアネス~心理学ベースの行動変革」

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2019年8月30日(金) 18:30~

会場:東京都内

●課題書図書
『ドーナツ経済が世界を救う』(著:ケイト・ラワース) 

定員:先着20名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 
異業種勉強会 企業・団体パートナーの取り組み
イベント・フォーラム
開催終了レポート

第55回 脱炭素化社会実現に向け、企業の気候変動対策はどうあるべきか(2019年7月18日(木)開催)

第55回の異業種勉強会は、持続可能な脱炭素社会実現を目指す企業グループ、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(以下、JCLP)で事務局をされている、松尾雄介さまをお迎えし、JCLPで行っている脱炭素社会実現に向けたさまざまな取り組みや活動についてお話しいただきました。

  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ

幸せとつながる:幸せ経済社会研究所

幸せ経済社会研究所

2019年08月18日

地域の繁栄度を測る新たな指標

英国の慈善団体「ハッピー・シティ」は、地域の強みと課題を測る新たな指標として、「繁栄する地域の指標(Thriving Places Index)」を作成してい...

続きを読む
 
エダヒロの「エネルギー情勢懇談会」レポ!
エダヒロの100人に聞く「経済成長についての7つの質問」あんな人や、こんな人にも!
Green Power BIOMASS

当社で年間使用する電力の100%(10、000kwh)はバイオマス発電によるグリーン電力を利用しています。

このページの先頭へ