GDPが成長しつづけることは必要だと思いますか? 可能だと思いますか?

2017年04月17日

人々の意識や価値観が変わりつつあります。数年前から「日本のGDP(国内総生産)が成長し続けることは、必要か? 可能か?」について、世論調査を繰り返しています。数年前と比べて、その回答の傾向も変わりつつあります。意識や価値観が変われば、行動が変わり、それに合わせて市場もビジネスモデルも変わらざるを得なくなってきます。どのような変化が見られるのでしょうか?

中小企業の炭素税・排出量取引に対する考え方は?

2017年03月23日

3月17日に経産省と日本商工会議所が全国の中小企業を対象とした温暖化対策に関するアンケート調査(801社が回答)の結果を発表しました。 中小企業の温暖化対策の現状の取り組みや課題等が掲載されている報告書を見ていて、「おや?」と思いました。 いろいろな側面から温暖化対策について聞いている中に「規制的手法(大型炭素税や国内排出量取引制度)導入への考え方」という質問があり、「反対」か「賛成」かと聞いてい...

日本の格差は広がっている? 他の国と比べると?

2017年04月24日

「日本では、格差は広がりつつあるのではないか」、そんな声を耳にすることが増えています。そこで今回の「データを読む」では、格差や不平等を表す代表的な指標であるジニ係数を用いて、日本の格差の現状を分析します。 ジニ係数とは収入等がどれくらい均等に分配されているかを0から1の数字で表す指標で、0に近いほど平等に分配されており...

世田谷区のこども食堂で水増集落のお米をつかった食事提供のその後

前回お伺いした「こども食堂・からすやま」に続き、2つ目のこども食堂「なかよし台所・まつばら」がオープンしたとお聞きし、見学にお伺いしました。 熊本県上益城郡水増集落からいただいた72キロものお米は、子どもたちがたくさん食べてもまだあと35キロほどあるので大変助かっておりますと主催者である「おとこの台所」のみなさんはおっ...

お豆・穀類とともに帰国!

トトネスの地元のお店で、オーガニックのいろいろな穀類やお豆が並んでいて、しかも安いのでついいっぱい買い込んで帰国(行きよりも3kg重かった笑)。羽田空港で植物検疫カウンターでお店を広げて報告したら、係の男性2人が「これは何豆かな?」「インゲンの一種でしょう」と相談しながら記録し、「検疫済」シールを貼ってくれました。ト...

(訳者あとがきより)  英国のEU離脱の決定や米国の大統領選の結果をはじめ、現在、世界では「想定外」の出来事が相次いで起きています。 「いったい、世界はどうなってしまったのだろうか」「今後、どうなっていくのだろうか」――そんな不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。そんな時...

2017年04月06日|ライオン株式会社
2017年04月05日|富士通株式会社
2017年03月21日|株式会社タカラトミー
2017年03月17日|ライオン株式会社
2017年03月03日|富士通株式会社
日刊 温暖化新聞 アーカイブ
私の森.jp
チェンジ・エージェント(Change Agent)−「変える」メソッドを経営へ
「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内
2017年9月2日(土)~3日(日)「自分合宿 2017」 in 那須高原 ビジョンを描き、 ビジョンを描き、自分マネジメントを学ぶ2日間(那須高原round)
講演のご依頼お問い合わせはこちらから
メールマガジン(不定期・無料)環境メールニュース 登録/解除はこちら

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

参加者受付中】  
日時:5月10日(水)18:30〜21:00
会場:東京都渋谷区道玄坂

●課題図書
『サーキュラー・エコノミー デジタル時代の成長戦略』

 
異業種勉強会 企業・団体パートナーの取り組み
イベント・フォーラム
現在募集中

第45回 環境省担当者に聞く「世界のサーキュラー・エコノミー動向」~21世紀の 企業の競争力の源泉にするために(2017年5月17日開催)

欧州では、単なる環境政策ではなく、「産業政策」としての位置づけでの国家的な注力が増えている「サーキュラー・エコノミー」。環境省で廃棄物・リサイクル対策の担当をされている井上 雄祐さまをお迎えし、3月末に視察に行かれた欧州のサーキュラー・エコノミーに関する動向や内情について、最新情報をお話しいただきます。

  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ
  • 取り組みページ

英語の壁を越えてつなげる:トラたまコミュニティ

トラたまコミュニティー

2017年04月17日

backcasting 『枝廣淳子の目からウロコの環境英語』/日経エコロジーより

バックキャスティングは、自分のことを考えるためにも、いろいろな組織や社会、地球全体を考えるためにも、とても役に立ちます。この機会に意味をおさえておきましょう。...

続きを読む
 

幸せとつながる:幸せ経済社会研究所

幸せ経済社会研究所

2017年04月05日

世界的な破滅的危機:今そこにある危機と出現しつつある危機

人類を脅かす危機について問題意識を喚起するスイスの財団Global Challenges Foundationは、世界的な破滅的危機に関する2016年版の報告...

続きを読む
 

世界とつながる:ジャパン・フォー・サステナビリティ

ジャパン・フォー・サスティナビリティー

2017年04月22日

日本の中高生の環境活動 ~ 中高生環境・社会活動グループ実践賞より

JFS代表・枝廣淳子も教授を務めている東京都市大学環境学部では、中高生の環境保全に向けた行動を支援することを目的に、中高生が行っている実践的な取り組みを表彰す...

続きを読む
 
エダヒロの100人に聞く「経済成長についての7つの質問」あんな人や、こんな人にも!
Green Power BIOMASS

当社で年間使用する電力の100%(10、000kwh)はバイオマス発電によるグリーン電力を利用しています。

このページの先頭へ