ホーム > 異業種勉強会 > イベント・フォーラム > 【残席僅か】第52回 環境省担当者に聞く「海洋プラスチック問題」~企業はどう対応...

異業種勉強会 イベント・フォーラム

【残席僅か】第52回 環境省担当者に聞く「海洋プラスチック問題」~企業はどう対応すべきか(2018年11月30日開催)

2018月10月22日 更新
現在募集中
 

ist_20181130.jpg

Image by National Oceanic and Atmospheric Administration Some Rights Reserved.
http://www.photolib.noaa.gov/htmls/reef2129.htm

世界的に海洋プラスチック汚染が大きな問題となっています。

プラごみの大きな問題の一つは、現在のプラスチックは「完全に分解されることはない」ことにあります。たとえ、肉眼では見えなくなったとしても、環境中に残り続け、その結果、これまでに生産されたプラスチックのほぼすべてが――埋立場であれ、海の中であれ――今でも存在し続けているのです。

こうした状況もあり、今年6月のG7では「海洋プラスチック憲章」が採択され、「2030年までにすべてのプラスチックを再利用や回収可能なものにする」という方針が掲げられました。しかし、日本は米国とともに署名せず、内外から大きな批判が向けられたことは記憶に新しいと思います。

私は、今年8月から始まった、環境省のプラスチック資源循環戦略小委員会に委員として参加しています。日本は来年6月に開催されるG20の議長国を務めることになっており、しっかりしたビジョンを打ち出すことが期待されています。

先日開催された第3回のプラ戦略小委では、事務局からの戦略素案が出されました。野心的な目標を掲げた、包括的な戦略となっており、産業界の委員も含め、高い評価と支持を得ました。

日本の打ち出すビジョン・目標が見えてきました。産業や暮らしにどのような影響が及ぶのでしょうか。企業はどのように対応すべきでしょうか。プラ問題を、単に「対処しなくてはならないもの」という位置づけではなく、イノベーションと競争力の源泉に位置づけるにはどうしたらよいのでしょうか。

今回のフォーラムでは、以前の「サーキュラー・エコノミー」の回にもご登壇いただいた、環境省の環境再生・資源循環局 リサイクル推進室の井上 雄祐室長補佐をゲストスピーカーとしてお招きし、プラスチックに関する日本と世界の現状や動向、そして日本政府の方向性や業界の取り組み状況についてお話しいただきます。

また、海外の専門家にインタビューし、岩波書店「世界」の記事でも「海洋プラスチック汚染とは何か」を執筆している私なりの「問題と展開の見立て」をお話ししたいと思っています。

今回のフォーラムからいろいろなヒントや気づきを得ていただき、適切かつ積極的な対応につなげていただけたらと思っています。

奮ってのご参加をお待ちしています。

枝廣淳子


【ゲストスピーカー】

環境省 
環境再生・資源循環局 リサイクル推進室 
室長補佐 
井上 雄祐 様

 20170517photo_inoue_web.png


【関連記事】

開催日 2018年11月30日(金)
時間

13:30~17:00予定(13:10開場)終了後、懇親会

対象

イーズ未来共創フォーラム 企業・団体パートナーさま

場所

東京都台東区

(※詳細は、参加者のみ御案内させていただきます。セキュリティの関係で、ウェブサイトにはアップいたしません)

参加費

【イーズ未来共創フォーラムの企業・団体パートナーさま】3,100円/名

【オブザーバーとしてご参加の企業・団体の皆さま】8,200円/名(1社(団体)2名まで・1回限り有効)

プログラム

はじめに・挨拶

問題意識のワーク・共有

環境省 井上さまからのレクチャー

枝廣からの共有

質疑応答、ワーク・共有タイム

相談タイム

ゲスト

環境省
環境再生・資源循環局 リサイクル推進室 
室長補佐 井上 雄祐 様

ファシリテーター

枝廣 淳子

定員

25名

お申込方法

当ページ一番下の「お申込み」ボタンからお申込みください。

注意文(お申込方法)
お問い合わせ

※お申し込み後、折り返し参加票をメールにてお送りいたします。
※お申込後、数日たちましても参加票が届かない場合は、メール送受信のトラブルの可能性がございますので、その際はお手数ですが、info-partner(@)es-inc.jpもしくは電話03-5846-9841までお問い合わせくださいませ。

※迷惑メール対策のため、お手数ですが(@)を@に変更してお送り下さい。※

お申し込みはこちらから
 

このページの先頭へ

このページの先頭へ