ホーム > 異業種勉強会 > イベント・フォーラム > 第61回(オンライン開催:第3回)2050年日本のネット・ゼロ世界を考える(20...

異業種勉強会 イベント・フォーラム

第61回(オンライン開催:第3回)2050年日本のネット・ゼロ世界を考える(2020年7月16日(木)開催)

2020月06月23日 更新
現在募集中
 

forum60_web1.jpg

コロナ危機がつづいていますが、気候危機も増大しつつあります。世界の多くの投資家も、コロナ危機への対応とともに、気候危機への対応も企業に求めています。

本当に温暖化を止めようと思えば、「ネット・ゼロ」または「ネット・マイナス」の経済をつくっていく必要があります。数字上はそうなっても、はたして「ネット・ゼロ」とはどのような経済・社会なのでしょうか? そこへ向けてのシフトが必須とすれば、企業や地域は、何を考え、取り組む必要があるのでしょうか?

先日、地球環境戦略研究機関(IGES)から「ネット・ゼロという世界:2050年日本(試案)」のレポートが発表されました。

これはGHG排出量を実質ゼロとすることができた場合、2050年の私たちの生活や社会の仕組みはどう変化しているかを示した報告書です。

第一章では、さまざまなデータをもとに2050年に「ネット・ゼロ」社会の実現を2つのシナリオで紹介しています。第二章では、都市と地域、暮らし、産業、適応の視点から、2050年の私たちの暮らしや社会経済活動の変化を描いています。そして第三章では、そのシナリオや変化により、想定される論点と課題を挙げています。

今回はこのレポートを元に「2050年日本の『ネット・ゼロ』世界を考える」をテーマに皆さんとディスカッションしたいと思っています。

当日は、このレポートを執筆されたIGESの川上さま、栗山さま、有野さまをお招きして、レポートの解説をいただきながら、2050年に「ネット・ゼロ社会」を実現させるために、私たちは何を考え、どう進めていけばよいのか、ワークを重ねて考えていきます。

厚生労働省から、先月「新たな生活様式」が公表されたことは記憶に新しいと思います。では、「ネット・ゼロ」の世界の生活様式、社会はどのようになっているでしょうか。報告書で示されたシナリオやさまざまなデータ、未来予想図をヒントに深く考え、未来を創造する機会にしたいと思っています。

奮ってのご参加をお待ちしています!

枝廣淳子


<ゲストスピーカー>

  • 川上 毅(かわかみつよし)様 / IGES統括研究ディレクター

forum60_mr.kawamami_small.jpg

1989年環境庁(当時)入庁。環境白書の執筆や循環型社会形成推進基本法の制定等を担当。地方公共団体(滋賀県自然環境保全課)、国際機関(OECD環境局)、教育機関(上智大学地球環境学研究科)、政府系企業(中間貯蔵・環境安全事業株式会社管理部)など職務経験は幅広い。2018年8月より現職。IGES気候変動統合チーム・スペシャル・ディレクターとして「ネットゼロという世界 2050年日本(試案)」プロジェクトを進めた。

  • 栗山 昭久(くりやまあきひさ)様 / IGES 戦略的定量分析センター研究員

 forum60_mr.kuriyama_small.jpg

2011年より、地球環境戦略研究機関(IGES)研究員として東南アジア諸国のエネルギー部門におけるCO2削減プロジェクト導入支援や京都メカニズムなどの国際的なメカニズムの定量的評価・制度構築支援を行ってきた。日本おいては、脱炭素社会に向けたエネルギー問題(長中期シナリオに基づく政策評価、炭素中立(ネット・ゼロ)社会に向けたエネルギー収支分析、再生可能エネルギー拡大に向けた電力システムや雇用に関する問題)に取り組んでいる。工学博士。

  • 有野 洋輔(ありのようすけ)様 /IGES 戦略的定量分析センター研究員

forum60_mr.arino_small.png

2013年慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所入所。地球環境産業技術研究機構(RITE)システム研究グループ研究員(2014~2019 年)を経て、2019 年より地球環境戦略研究機関(IGES)戦略的定量分析センター研究員。RITEでの主な研究テーマは、長期的な温室効果ガスの排出削減策、気候変動適応策、気候工学の統合的研究。IGESでは、日本・アジア(中国、インド、ASEAN等)の長期脱炭素戦略や水災害への適応力推計に関する分析に取り組んでいる。経済学博士。

開催日 2020年7月16日(木)
時間

13:30~16:30(13:20開場)

対象

イーズ未来共創フォーラム 企業・団体パートナーさま、お試し参加希望のみなさま

場所

オンライン

※ご参加の方には、後日アクセスいただくURLをお送りします

参加費

【イーズ未来共創フォーラムの企業・団体パートナーさま】3,100円/名

【お試し参加の企業・団体の皆さま】8,200円/名(1社(団体)2名・2回までご参加いただけます)

プログラム

(予定)
1.挨拶
2.チェックイン・問題意識の共有
3.解説「ネット・ゼロという世界:2050年日本」
 ・IGES 統括研究ディレクター/プリンシパルフェロー 川上 毅さま
 ・IGES 戦略的定量分析センター研究員 栗山 昭久さま
 ・IGES 戦略的定量分析センター研究員 有野 洋輔さま
4.休憩
5.質疑応答・ワーク・共有(全体)
6.エダヒロ、締めのコメント

ゲスト

・IGES
統括研究ディレクター/プリンシパルフェロー 川上 毅さま

・戦略的定量分析センター研究員 栗山 昭久さま

・戦略的定量分析センター研究員 有野 洋輔さま

ファシリテーター

枝廣 淳子

定員

40名程度

お申込方法

当ページ一番下の「お申込み」ボタンからお申込みください。

注意文(お申込方法)
お問い合わせ

※お申し込み後、折り返し参加票をメールにてお送りいたします。
※お申込後、数日たちましても参加票が届かない場合は、メール送受信のトラブルの可能性がございますので、その際はお手数ですが、info-partner(@)es-inc.jpもしくは電話03-5846-9841までお問い合わせくださいませ。

※迷惑メール対策のため、お手数ですが(@)を@に変更してお送り下さい。※

お申し込みはこちらから
 

このページの先頭へ

このページの先頭へ