企業・団体パートナーの取り組み

関連キーワード

  • 次世代エネルギー開発 
  • サステイナビリティ 
  • 環境負荷軽減 
  • 環境フォト・コンテスト「わたしのまちの○と×」 
  • 環境教育
 

昭和シェル石油株式会社

お知らせ

取り組み

昭和シェル石油は、持続的な社会を目指し「安定供給」、「環境負荷の低減」、そして「新エネルギーと環境配慮型製品の開発」を推進してきます。

昭和シェル石油はエネルギー企業として求められる社会的責任を自発的に果たし、また将来の長きにわたり、高品質の商品・サービスを安全かつ安定的に提供し続けていくと同時に、地球のサステイナビリティ(持続可能性)を深く配慮した活動を行わなければならないと考えています。持続的な社会を目指した当社の取り組みである「安定供給」、「環境負荷の低減」、そして「新エネルギーと環境配慮型製品の開発」を推進していきます。
また、環境配慮製品の販売、次世代エネルギーの開発や普及活動などに加え、エネルギーに関する長期的ビジョンを構築するために、2007年よりサステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)と協力して、「エネルギー持続性フォーラム」を立ち上げ、長期的なエネルギービジョンの構築に取り組んでいます。

 

「安定供給」

エネルギーを安定的にお客様にお届けするため、陸上配送については、安全管理を最優先課題として取り組んでいます。

エネルギーを安定的にお客様にお届けするため、陸上配送については、安全管理を最優先課題として取り組んでいます。

 

日本は現在世界第4位のエネルギー消費国でありながら、一次エネルギーの自給率はきわめて低いという基本的な問題を抱えています。世界的なエネルギー需要の増加が予測される中、必要な石油製品の安定供給と石油以外のエネルギーの開発と供給が、社会との共生を果たす上できわめて重要な役割であると認識しています。

 

「環境負荷の低減」

当社グループのサプライチェーン全域にわたって、CO2発生量の削減努力を継続する一方で、省エネルギーや環境配慮を目的とした設備投資などを促進していきます。

 

「新エネルギーと環境配慮型製品の開発」

2007年より商業生産を開始したCIS薄膜太陽電池を筆頭に、GTL燃料、燃料電池、バイオガソリンなど、環境負荷の少ない製品の開発と提供に努めて参ります。

 

環境フォト・コンテスト「わたしのまちの○と×」

また地球環境問題に関する貢献として、2005年より環境フォト・コンテスト「わたしのまちの○と×」を主催しています。みじかなまちのいつまでも残したい風景を「○」の写真、すぐにでも改善したい風景を「×」の写真として撮影し、2枚一組にして撮影時のコメントを沿えて応募するフォトコンテストです。テーマを考えたり撮影するときに環境問題に関して考える「きっかけ」となればと始めたコンテストですが、学校教育における環境教育用の教材として、夏休みの宿題としてもご活用いただき、次世代教育にも貢献しています。

 

イチオシ商品・サービス

シェル ヒートクリーン

天然ガスから生まれた、硫黄分をほとんど含まない地球にやさしい石油ファンヒーター専用燃料です。

詳細はこちら(別ウィンドウで開きます)

 

関連ページ

企業データ

本社東京都
Webサイト昭和シェル石油株式会社
CSR・サステナビリティ・環境報告書:
サステイナビリティ・レポート2011
 
 

このページの先頭へ

このページの先頭へ