企業・団体パートナーの取り組み

関連キーワード

  • 社名の由来:Human & Freedom 
  • 商品の環境配慮 
  • 動物実験代替法に関する取り組み 
  • アジア・グローバルな事業展開 
  • マイクロプラスチックビーズ使用中止の方針
 

株式会社マンダム

お知らせ

取り組み

MANDOM MISSION
 Human to Human
 私たちマンダムは、健康と清潔と美を通じて、
 奔放に大胆に、あなたの日常を
 発見と感動で満たす「人間系」企業です
MANDOM PRINCIPLES
 生活者発・生活者着
 チャレンジ・チェンジ・イノベーション
 全員参画
 社会との共存・共生・共創
 人財主義
MANDOM SPIRIT
 お役立ち
 人間尊重
 自由闊達

マンダムグループのCSR・サスティナビリティへの取り組み

マンダムらしいCSR・サスティナビリティへの取り組みにむけて
 

マンダムらしいCSR・サスティナビリティへの取り組みにむけて

 

 アジアを中心にグローバルに事業を展開しているマンダムグループは、「美と健康を通じ、快適な生活にお役立ちする」という基本理念のもと、生活者や社員をはじめとするステークホルダーの皆さまの満足を、同時にバランス良く満たすことが、企業と社会との持続的な成長と発展につながると信じています。

 2015年9月にマンダムグループは「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」への参加を表明しました。わたしたちは、UNGCの10原則を支持・尊重し、環境保全、人権尊重、不当労働の排除、腐敗防止などのサスティナビリティを巡る課題に積極的に取り組んでまいります。

 また、わたしたちは、企業理念体系において、「社会との共存共栄」を経営理念のひとつとして掲げています。マンダムグループは「アジアでグローバルな経営を強みとするオンリーワンカンパニー」を目指し、展開各国の多様な価値観(文化・歴史・習慣など)を理解・尊重した経営を行なうとともに、多様で幅広いステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを通じて適切な協働を行なうことにより、「良き企業市民」として、持続可能な社会の発展と快適な生活にお役立ちしてまいります。

 

多様で幅広いステークホルダーの皆さまとの対話と共創関係の構築を目指して

勉強会やダイアログ(対話・意見交換会)の様子
 

勉強会やダイアログ(対話・意見交換会)の様子

 

 マンダムでは、多様で幅広いステークホルダーの皆さまとの対話や意見交換、適切な協働を目的として、勉強会やダイアログの実施などさまざまな取り組みを推進しています。
 ステークホルダー・ダイアログについては、毎年、社外の有識者の方々や各種団体の方々にご協力をいただき、さまざまな企画やテーマで実施していますが、2015年12月にマンダムグループとして初めて選定したCSR重要課題(初版14項目)に基づき、今後もステークホルダーの皆さまとの対話や意見交換を積極的に実施してまいります。

 ちなみに、直近では以下のテーマで勉強会とダイアログを実施いたしました。

■パリ協定・脱炭素社会の実現にむけた企業の対応(2017年4月27日)
 日経BP 副編集長 日経エコロジー 編集 馬場未希様

■在宅勤務制度の導入 - 働き方改革の実践としてのテレワーク(2017年3月14日)
 株式会社ワイズスタッフ、株式会社テレワークマネジメント 代表取締役 田澤由利様

■多様な方々と正しく向き合うために必要なこと(2016年12月6日)
 ~ユニバーサルマナー講習(3級・2級)~
 一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会、株式会社ミライロ
 講師 岸田ひろ実様、原口淳様

 今後もイーズ未来共創フォーラムさまとの異業種勉強会などの取り組みを通じて、社外の多様な方々との関係性を深め、わたしたちのCSR重要課題のひとつでもある「新しい社会のパラダイムの感知と貢献」と「社会との価値共創の実現」を目指し、マンダムらしいサスティナビリティにむけた取り組みを探求し、積極的に推進してまいります。

 

アジアを中心として各国現地に根ざした事業活動の推進

Mandom EDUcaTrip:インドネシアの恵まれない子どもたちの修学旅行の実施
 

Mandom EDUcaTrip:インドネシアの恵まれない子どもたちの修学旅行の実施

 

 マンダムグループは、1958年にフィリピンに進出、1969年にはインドネシアに現地法人を設立するなど、50年以上にわたり、「アジアの生活者へのお役立ち」という基本姿勢のもとでアジアを中心にグローバルな事業展開を推進してまいりました。

 グローバリゼーションが進む昨今の社会と市場経済の情勢のなかで、社会の持続可能な発展にむけて、トリプルボトムライン(環境・社会・経済の3側面)をより高い次元で継続的に高めていくことが、CSR(企業の社会的責任)として全ての企業に求められています。
 社会の持続可能な発展の実現にむけて、国という枠組みを越えた活動の推進は、アジアを中心にグローバルに事業を展開するわたしたちマンダムグループにとっても、継続的に取り組むべき重要なテーマとなっています。

 わたしたちは、アジアを中心とした海外事業の展開において、展開各国の多様な価値観(文化・歴史・習慣など)を理解・尊重し、各国現地に根ざした事業展開を推進しています。
 海外でのCSR活動についても現地主導による活動を推進しており、特にインドネシアの連結子会社であるPT Mandom Indonesia Tbkでは、現地の官民など各種団体の方々と協働しながら企画を立案し、さまざまな取り組みを行なっています。
ご参考:マンダムCSR情報 コミュニティへの参画および発展 > 海外での取り組み
http://www.mandom.co.jp/csr/src/society_overseas.html

 

環境(エコロジー)と経済(エコノミー)が両立する商品の「価値づくり」にむけて

本体容器の再利用による環境配慮(主な詰め替え商品)
 

本体容器の再利用による環境配慮(主な詰め替え商品)

 

 マンダムでは、環境配慮を商品「価値」のひとつと位置づけ、持続可能な社会づくりに「お役立ち」するため、環境(エコロジー)と経済(エコノミー)が両立する商品の「価値づくり」を推進しています。
 生活者の皆さまに「お役立ち」するための「商品の価値」の要素に「環境配慮」を加え、お客様が満足してご利用いただける、環境に配慮した商品の価値づくりを目指しており、その取り組みのひとつが詰め替え商品の開発であり、紙パックやスタンディングパウチのつめかえ製品を拡充することにより、本体容器の再使用によるごみの減量化を図っています。
 ちなみに、生活者の皆さまのお手元に届く前の流通段階での環境に配慮した取り組みとして、中間流通業の方々にもご理解をいただき、内箱などの梱包材の減量などの取り組みも進めています。
 

 

マイクロプラスチックビーズ使用中止の方針について

環境に配慮した「生分解性スクラブ」を採用した洗顔料(2016年8月29日リニューアル発売)
 

環境に配慮した「生分解性スクラブ」を採用した洗顔料(2016年8月29日リニューアル発売)

 

  近年、海洋中に流出するプラスチックに関し、食物連鎖を通じて生態系に与える影響が議論されており、米国では、2015年12月に、洗い流しのパーソナルケア製品に関し、マイクロプラスチックビーズの使用を段階的に廃止する法律が定められました。
 こうした状況も踏まえて、マンダムグループでは、今後、洗い流しの製品にマイクロプラスチックビーズを使用しないとともに、2017年末までに洗顔料に配合しているマイクロプラスチックビーズを本懸念のないものに代替する方針を定めました。

 

関連ページ

企業データ

本社大阪府
Webサイト株式会社マンダム
CSR・サステナビリティ・環境報告書:
考働レポート2016 ~マンダムグループのCSRとお役立ち考働~
 
 

このページの先頭へ

このページの先頭へ