ホーム > プレスリリース・講演/登壇・メディア掲載 > 【登壇情報】6/30(火)開催「生物多様性と地域経済の専門家が語り合う、これから...

プレスリリース・講演/登壇・メディア掲載

【登壇情報】6/30(火)開催「生物多様性と地域経済の専門家が語り合う、これからの暮らし #こんな社会で暮らしたい」にエダヒロが登壇します。

2020年06月04日
講演/登壇
 

6月30日(火)開催のグリーンピース・ジャパン主催のクロストークイベント
『生物多様性と地域経済の専門家が語り合う、これからの暮らし #こんな社会で暮らしたい』に、エダヒロが登壇いたします。

20200630_greeenpeace.jpg

以下は、グリーンピース・ジャパンのお申し込みサイトからの引用となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナ感染症が起きたことにより、わたしたちの暮らしは大きく変化しました。
最近では、感染症と環境破壊の関連性についても明らかになってきました。
(グリーンピースブログ:新型コロナ感染症と気候変動の関係は?

この危機に直面して、多くの人が、本当に必要なもの、大切にしたいことに気がつき、自分にも社会にも、地球環境にも、いい暮らしのヒントを見つけたのではないでしょうか。
グリーンピースは、一人ひとりが望む「未来の暮らし」のアイデアが、よりよい社会の仕組みを実現するためのタネになると考えています。そして、みんなが見つけた、いい暮らしのヒントをもとに、豊かに暮らしながら、自然が回復できるより良い社会を一緒に考え、アイデアを共有し、これから暮らし続けたい社会を一緒に作っていきたいと思っています。

いったん止まった経済、そして社会活動が再開するいま、あなたが望む「未来の暮らし」を、グリーンピースと一緒に描き、実現できるためのヒントを見つけてみませんか?

このウェビナーには、国立環境研究所で生物多様性を専門とされている五箇公一さんと、幸せ経済社会研究所 所長で、地域経済についても長年、研究・執筆されている枝廣淳子さんをお招きし、生物多様性の観点から見た私たちの暮らし、そして持続可能な社会にむけた地域の取り組みなど、お二人の専門領域が「これからの暮らし」そして「環境をまもる」という点でどう交わるのか、語っていただきます。
貴重な2人のクロストークに、ぜひご参加ください!

<こんな人におすすめ>

  • コロナ危機を経て、今の社会の問題点が気になり始めた人
  • 新型感染症と環境問題のつながりについて知りたい人
  • 危機に強い社会づくりに関心がある人
  • 地域経済、地産地消など地域コミュニティのありかたに関心がある人

【日 時】  2020年6月30日(火) 19:00~20:30

【会 場】  オンライン

【定 員】  100名

【お申し込みサイト】 https://covid-ourfuturelife-crosstalk.peatix.com/view

【当日のタイムテーブル】
18:45-19:00 ZOOM開場
19:00-19:10 はじめに
19:10-20:00 枝廣さんx五箇公一さんクロストーク
※グリーンピース・ジャパン事務局長 サム・アネスリーがモデレーターを務めます
      - 新型コロナ感染症から見えた今の世界
      - これからの暮らし
20:00-20:25 Q&A
20:25-20:30 おわりに

【スピーカープロフィール】

20200630_greeenpeace_goka.jpg 五箇公一さん

1990年、京都大学大学院修士課程修了。同年宇部興産株式会社入社。1996年、博士号取得。 同年12月から国立環境研究所に転じ、 現在は生態リスク評価・対策研究室室長。専門は保全生態学、農薬科学、ダニ学。著書に『クワガタムシが語る生物多様性』(集英社)、『終わりなき侵略者との闘い~増え続ける外来生物』(小学館)など。国や自治体の政策にかかる多数の委員会および大学の非常勤講師を勤めるとともに、テレビや新聞などマスコミを通じて環境科学の普及に力を入れている。NHKクローズアップ現代で解説を務める一方で、フジテレビ「全力!脱力タイムズ」にレギュラー出演するなどバラエティ番組を活用して、環境科学に対する無関心層の引き込みを図っている。
若い頃は登山とバイクツーリングを趣味として、大学時代にオフロードバイクで日本一周ツーリングを敢行、日本各地の原風景を見て回った。現在は怪獣フィギュア収集とCG絵画作成にハマっている。クワガタナカセというクワガタの背中に寄生するダニのCGがいちばんのお気に入りで、2010年に天皇陛下・皇后陛下(現在の上皇陛下・上皇后陛下)が研究所にご行幸啓された際に、研究の説明対応を拝命し、両陛下にこのダニCGを献上させて頂いたことが生涯最大の誇りとなっている。
20200630_greeenpeace_goka2.jpg

JE_2.jpg  枝廣淳子さん

大学院大学至善館(しぜんかん)教授、幸せ経済社会研究所所長
『不都合な真実』(アル・ゴア氏著)の翻訳をはじめ、環境・エネ ルギー問題に関する講演、執筆、企業のCSRコンサルティングや異業種勉強会 等の活動を通じて、地球環境の現状や国内外の動きを発信。持続可能な未来に向け て新しい経済や社会のあり方、幸福度、レジリエンス(しなやかな強さ)を高め るための考え方や事例を研究。「伝えること」で変化を創り、「つながり」と「 対話」でしなやかに強く、幸せな未来の共創をめざす。
システム思考やシナリオプランニングを生かした合意形成に向けて の場づくり・ファシリテーターを、企業や自治体で数多く務める。教育機関で次 世代の育成に力を注ぐとともに、島根県海士町や熊本県南小国町、北海道の下川 町等、意志ある未来を描く地方創生と地元経済を創りなおすプロジェクトにアド バイザーとしてかかわっている。

【主 催】  グリーンピース・ジャパン

国際環境NGOグリーンピースについて
グリーンピースは、 地球規模で起こる環境問題の解決に向けて、 世界55か国の国と地域にあるオフィスと連携し、 活動を続けている国際環境NGOです。活動の独立性をまもるため政府や企業から財政的支援を受けず、すべての活動が個人のご寄付で支えられています。

【プログラム詳細】 こちらからご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ