ホーム > つながりを読む > 企業の森林保全活動に必須の3つの視点とは?

つながりを読む

企業の森林保全活動に必須の3つの視点とは?

2013年04月15日
企業の森林保全活動に必須の3つの視点とは?

Image by urbaning. Some rights reserved.

http://www.flickr.com/photos/urbaning/3884078112/

国土の67%が森林という日本では、森林をどのように守り、育てるかが国土保全にも直結します。森林保全に関して、政府や住民だけでなく、企業も大きな役割を果たすことが期待されています。

CSR・環境活動の一環として森林保全に取り組む企業はたくさんあります。イーズ未来共創フォーラムにパートナーとして参加している企業・団体の多くも、それぞれの考えや方針で、さまざまな取り組みを行っています。こちらのpdfをぜひご覧下さい。


企業の森林への取り組みは、「よいことだから」「他社もみんなやっているから」やっている、というところも多い印象で、もちろん、やること自体よいことだとは思うのですが、基本的な考え方や方針がどのくらいきちんと議論され、考えられ、関係者も巻き込んで検討されているか--重要ではないかと思います。

せっかく森林活動をはじめても、森づくりは数十年~数百年の長期にわたるという性格を持つため、一社(団体)だけで継続して運営していくことは厳しい面もあり、また、取り組みの効果がすぐには見えづらいため、内外の理解が得にくい、といった悩みもよく聞きます。

本当に地域や地球のためになる森林活動をおこなうには、どのような点に留意する必要があるのでしょうか? これから取り組みを始めるであろう日本の多くの企業・団体の参考にもなるよう、共創フォーラムの各社・団体の経験や学び、知恵を集約し、森づくりの効果を見える化するための評価指標をつくっていけないかなあと思っています。

こういった問題意識で、2月にイーズ未来共創フォーラムの会員向けフォーラムとして「企業・団体のよりよい森林活動のための"評価軸"を考えよう」 を開催しました。開催レポートはこちらで読んでいただけます。
http://www.es-inc.jp/network/forum/2013/nwk_id003583.html

インプットを参考にしながら、参加企業とのさまざまなディスカションをするなかで、「本当に地域や地球のためになる森林活動」にとっての重要(だけど見過ごされがちな)ポイントが少なくとも3つありますね、という話になりました。評価軸につながるポイントです。

1)地元との関係性
このフォーラムでインプットをくださったパートナーでもある認定NPO法人環境リレーションズ研究所の鈴木敦子さんがおっしゃっていたように「森がうるおっても、地域がうるおわないと持続可能ではない」という視点です。

また、企業などの外部者が永遠に関わり続けることは不可能であるため、いずれ地域が自立的に森林保全活動を回せるようにしていく必要もあります。とすると、企業が土地を借りて自分たちでやります、というのではなく、どれだけ多様な地元の関係者を巻き込んで、協働・共創できるか、が鍵を握ります。

2)時間軸
企業の多くは四半期や単年度で動き、予算も年度を超えて長期的に措置することはなかなか難しいものです。一方で、森づくりは数十年~数百年の時間軸で考える必要があります。こうした「企業の時間、森の時間」といった時間軸を意識し、それを採り入れた形で考えていくことが必須です。

3)出口
森林保全活動の多くが「植林」「育林」に向けられていますが、その結果生まれる材をどのように活用し、できれば森林保全活動へ利益を還元できる形での「出口」を作っていくかも重要です。

森林活動を行う企業が、その結果生まれる材を計算し、それだけの量を自社で使っていく(たとえ"みなし"であっても)、ということができれば理想的ですね。

フォーラムでは、こういったディスカションを展開しました。フォーラムに参加してくれた企業の方々の感想の一部を共有します。

~~~~~~~~~~~~~~ここから引用~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<参加して良かったこと>
・森の活動の"出口"という視点に気づいたこと。
・企業の森林活動にとって、出口(木を使う)をどう考えていくかが大事である事を再確認出来たこと。
・会社の利害を離れたところで、真剣に考える機会を持てたことが良かった。
・森の「出口」「使い方」「森育」の話が参考になった。
・評価軸を考えるというテーマはまさに自社の活動に現在必要な視点だったので、勉強になった。
・やることに意義があると思っていた森林活動に、目的や時間軸という側面も考える必要があることを改めて考えた。
・他の企業、団体の取り組みや意見などを直接見聞きすることが出来て非常に良かった。
・プレゼントツリーの仕組みなどが分かり、勉強になった。
・ワーク(話し合い)の時間が色々あって勉強になった。
・森林活動について時間軸や地域の観点など深い視点で意見交換ができたことが良かった・様々な業種の企業の森の課題を聞けてとても有意義だった。
・森林保全活動の評価軸、少し難しいと思う。でも、それなりのものが出来ればかなり面白展開が見込めそうな気がする。極力関わりたいと思う。

~~~~~~~~~~~~~~引用ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後も考え、働きかけを続けていきたいと思っています。

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ