ホーム > えだブログ > 本当のディベート:深く広い理解のために

えだブログ

2012
Dec
26

本当のディベート:深く広い理解のために

2012年12月26日

ディベートは「ああいえばこういう」「相手を言い負かす」テクニックと見る向きもありますが、本当のディベートは1つの論点を自分の信じる観点だけではなく、あえて対立する立場も含め360°から見ることで、より深く広く理解するためのものだと理解しています。

今回半年勉強してみて、加えて、ディベートは自己発見の道であり、自己鍛錬の道だと思いました。

ところで、今月中にあと54km走りたいと思い、昨日仕事の合間に18km走りました。時間がない中で走ると、自然と(強制的に?)ペースアップの練習にもなります(^^;

今日は1日動きがとれないので、残り5日で36km。何とかいけそうかな~(^^;

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ