HOME > トラたま講座ラインナップ > 一期一会の特別講座「翻訳並走チャレンジ」

トラたま講座ラインナップ

一覧へ

一期一会の特別講座「翻訳並走チャレンジ」

エダヒロからのメッセージをお届けします。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

今回、「地球が100人の村だったら」というエッセイなどを書かれた
ドネラ・メドウズさんの著書を翻訳することになりました。ドネラさん
は、デニス・メドウズ氏らと「成長の限界」の研究をされた方で、
システム思考の第一人者でもありました。

残念ながら2001年に病気で亡くなってしまったのですが、生前出版の
準備を進めていた「一般の人のためのシステム思考入門書」が
スタッフたちの手で出版されました。ぜひ日本にも届けたいと、翻訳
することになったものです。

私が1冊丸々自分だけで翻訳することは最近ではめったにないことになって
しまいましたが、この本はがんばって自分だけで訳そうと進めています。

せっかくの機会なので、私の翻訳と同時進行でトレーニングを進める
「翻訳並走チャレンジ」を開講し、トラたまメンバーさんにも
「1冊一緒に訳す」気分でトレーニングしながら、並走してもらえた
らと思っています。

通常の講座とは異なり、あるパラ(500ワードめど)を訳すのは、
ひとりだけです。正確には、私ともうおひとり、ということです。
手を挙げられた順に、本の最初から500ワードめどでお渡しして
いき、訳したら、振り返りシートとともに訳文を私に提出してもらいます。
私はその部分の、その時点での自分の訳文と、振り返りシートへのコメント
をお返しします。

添削はありませんが、私の初訳と練り直しが終わった時点での訳文を見て
もらうことで、いろいろ勉強になると思います。また、スピード感も感じ
てもらえると思います。実際の翻訳はすべて通して練り上げて仕上げるので、
本が出たらまた振り返っていただいて、練り上げ・仕上げのようすもみて
いただけることでしょう。

章の途中の部分が課題になった場合は(だいたいがそうですが)その章の
最初から課題部分までの原書部分をお渡ししますので、前後関係をつかん
で訳出してもらうことができます(半年以上かかるプロジェクトですので、
ずっと並走してみよう!という方は原書を購入されるとよいですね)。
こういった特別な形態の講座はこれが最初で最後、自分が訳す課題文も自分
だけが訳す一期一会の課題です。

可能なペースと回数で並走下さい! 最終的に本という形で翻訳書が出る暁
には、一緒に汗をかいた参加者のみなさんと一緒に乾杯ができますこと、
楽しみにしています!

お待ちしています~!


エダヒロ

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

受講のステップと注意事項は次の通りです。
--------------------------
(1)エダヒロの翻訳の進行に合わせて、お一人ずつトラたまコミュ
ニティ事務局より課題を配信します。
1課題は5~600ワード、エダヒロの翻訳進行に合わせて順次新しい
課題を設定いたします。
(例)
P15 冒頭から500ワード:Aさんが担当(配信●月●日)
その続きの500ワード:Bさんが担当(●月●日の数日後)
※その続きも同様に続きの箇所を進行順に並走していきます。進行状況
により、お申込みから課題配信まで数日~数週間お待たせする場合も
ございますこと、ご了承くださいませ。
(2)課題が届いたら1週間翻訳に取り組み、訳文と振り返りシートを
エダヒロとトラたまコミュニティ事務局まで提出します。
(3)エダヒロより、担当いただいた箇所の訳例と振り返りシートへ
のコメントをお返しします。
(4)届いた訳例と自分の翻訳を比べて比較し、自学自習します。
※訳文へのコメントや課題、訳例に関するQ&Aは今回設定になく、
基本的に自学自習の講座となっております。
--------------------------
参加費のご入金が確認できた順番で課題を配信させていただきます。
1度限りのご参加でもOKですし、何回でもお申し込みいただけます
(その都度参加費をお支払いいただきます)。エダヒロが翻訳している
期間中お申し込みを受けつけておりますので、この機会にぜひご参加
ください。
※1回の参加ごとにお申し込みをお願いしております。1度に複数回
参加のお申し込みは承ることが難しいこと、ご了承ください。
※プレミアムメンバー、クリスタルメンバーのみなさまは2回
特典をご利用いただけます。3回目より受講料のお支払いをお願い
いたします。
いただいた訳文へのコメントや添削、またQ&Aはございませんが、
実際の翻訳に並走するという形で、エダヒロの翻訳から多くのことを
学べる機会をぜひご活用ください。
≪ご注意ください≫
課題として提出いただく訳文は、下訳的な位置づけや、トライアルの機会
とは異なります。そのため翻訳書にご提出いただいた訳文が掲載されたり、
訳者としてお名前が載ることはございませんこと、あらかじめご了承ください。
書籍出版の世界をのぞいてみたい方、ぜひチャレンジしてみてください。
◆対象 
トラたまコミュニティメンバーならどなたでも。
◆スケジュール
スタート日がそれぞれ異なるため、具体的なスケジュールは
個別にご案内させていただきます。
・随時 講座スタート
トラたまコミュニティ事務局より課題配信(課題はメールで届きます。)
・課題配信後1週間で訳文と振り返りシートを提出
・訳文と振り返りシートご提出期限日後2週間をめどに、エダヒロより現時点での
訳例と振り返りシートを読んでのひとことコメントを返却
◆講座で提供するもの
エダヒロの訳例
ひとことコメント
◆担当講師:枝廣淳子

これまでの講座&トレーニング一覧 >>