新型コロナウイルスに負けないために国内外の素敵な取り組みを知ろう! 〜その先の持続可能で幸せな社会にむけて〜

フードデリバリーを協同組合にするとどんなメリットがある?

新型コロナウイルスの蔓延で外食がままならない中、インターネットを介したフードデリバリーの利用が急増しています。米国ケンタッキー州のレキシントンでは、協同組合という新しい形のフードデリバリーが登場しました。

米国のインターネットを介したフードデリバリーでは、飲食店と配達代行業者が提携し、飲食店は配達代行手数料(売上の約15~30%)を業者に支払うのが一般的です。また配達員は業者と契約を結び報酬を得ています。この仕組みでは、業者に支払う配達代行手数料が高い、配達員の報酬が安い、など不満の声が挙がっていました。こうした不満を解消するために結成されたのが、協同組合型のフードデリバリー「デリバリー・コープ」です。

デリバリー・コープは2020年夏、地元のレストランと協力し、定額制モデル(飲食店は月額300ドル、利用者は月額25ドル・配達無料)を立ち上げました。これらの資金は運営費や配達員の報酬に充てられます。配達員は不安定な雇用形態と言われる「ギグワーカー」ではなく、時給20ドルの常勤契約を結び、3カ月の試用期間を終えると健康保険に加入できます。現在、デリバリー・コープには8つの地元の飲食店が登録し、約400人が利用しています。

利用者は料理を楽しみながら地元のお店を応援でき、お店は常連客とずっとつながっていられ、配達員は常勤という安定した雇用を得られる。さまざまなメリットがある協同組合型フードデリバリーに今後、注目が集まりそうです。

参照元
「デリバリー・コープ」(ウェブサイト)

このページの先頭へ