新型コロナウイルスに負けないために国内外の素敵な取り組みを知ろう! 〜その先の持続可能で幸せな社会にむけて〜

米国アクロン市、アプリが地元経済を活気づける

米国オハイオ州東部にあるアクロン市は、地元経済を活性化するため、アプリを利用したユニークな取り組みを展開しています。アプリの名は「アクロナイト(Akronite)」。その狙いは、市民がゲーム感覚で楽しみながら地元で買い物し、地元経済を回そうというものです。

アクロン市は、新型コロナで深刻な影響を受けていた2020年8月、このアプリの運用を開始しました。市民はアプリに登録し、参加する地元商店の対象品物・サービスを期間中に購入すると「Blimp」がもらえます。「Blimp」の意味は飛行船。アクロン市に本拠地を置くグッドイヤー・タイヤ社が広告用として空に浮かべた飛行船「Goodyear Blimp」にちなんでつけられました。1Blimpは1ドルに相当し、参加商店で買い物に利用できます。店は月末に、市民から受け取ったBlimpの額をアクロン市から支給されます。

「イエス! マガジン」によると、アプリの利用者は5000人以上。市が4万ドルを投資したのに対し、経済効果は50万ドルに達したといいます。

日本でもおなじみの地元商店街の「ポイントカード」を思い浮かべる人もいるかもしれません。ポイントカードもアクロナイトも、地元でたくさん買うと、たくさんポイントが貯まって、買い物に使えるところが似ています。コロナで遠出もままならない中、Blimpやポイントが増えるのを楽しみに近所で買い物し、地元の店が潤い、街が活気づく――市民・店・街、三方良しの効果が期待できそうです。

参考:「イエス! マガジン」
https://www.yesmagazine.org/economy/2021/06/21/shop-local-app-economy-boost

参照元
Akronite(ウェブサイト)
イエス! マガジン「Cities Reward Citizens for Shopping Local」(ウェブサイト)

このページの先頭へ