新型コロナウイルスに負けないために国内外の素敵な取り組みを知ろう! 〜その先の持続可能で幸せな社会にむけて〜

企業と学校をつなぐ雇用シェアリンク開設 文部科学省

新型コロナの影響で従業員の雇用維持に苦労する企業と、人手が欲しい企業との間で、業界を超えたワークシェアなど雇用維持の取り組みが進められています。こうした中、文部科学省が、従業員の雇用を守るために雇用シェアを希望する企業と、企業の知見を教育現場に役立てたい学校や教育委員会をつなぐ「学校雇用シェアリンク」開設を2021年1月8日に発表しました。

このリンクは、企業の力を借りたい教育委員会や学校が、希望する人材をリンクに登録し、同リンクに登録した企業はリンクから求人情報を見て、学校や教育委員会に直接連絡を取ります。双方で採用条件が合えば、企業が従業員を出向や兼業、副業として派遣します。従業員の教員免許は不要です。

文部科学省は、学生へのキャリアアドバイザーや、補習のサポート、ビジネス英会話の講師など、企業の勤務経験を教育現場で活用してもらえればと語っています。

参照元
文部科学省 「学校雇用シェアリンク/学校・子供応援サポーター人材バンクについて」(ウェブサイト)

このページの先頭へ