新型コロナウイルスに負けないために国内外の素敵な取り組みを知ろう! 〜その先の持続可能で幸せな社会にむけて〜

新たな巣立ちを住宅つき就職サポートで応援 「チャン巣プロジェクト」

大阪府は、新型コロナウィルス感染拡大の影響で仕事を失った若い世代(15歳から概ね39歳まで)向けに、住宅つきで就職や自立を応援する「チャン巣プロジェクト」の参加者募集を、2020年12月7日に発表しました。大阪府から委託を受けたNPO法人HELLOlife(ハローライフ)が、プロジェクトを実施しています。

「チャン巣プロジェクト」では、住宅サポートとして共同で利用できる生活家電やキッチン、コミュニティスペースを完備した、府営住宅の空室を提供します。また就職活動についての相談や、求人応募の準備、就職後も長く働き続けるためのサポートなど、就職や自立を支援します。

プロジェクト参加が決まった後は、部屋の壁紙貼り、棚の取りつけなどのDIYプログラム研修や、自治会活動にも参加します。参加者には地域の人たちや仲間とコミュニケーションを取りながら、研修を受けたり活動していくことで、新しい生活への自信をつけてもらいたいと考えています。同プロジェクトでは、就職氷河期世代(概ね35歳から40代半ば)にも同様のサポートを提供しています。

参照元
住宅つき就職支援 チャン巣PROJECT大阪府 「府営住宅の空室を活用した住宅つき就職支援「チャン巣プロジェクト」の参加者募集について」(報道発表資料) 

このページの先頭へ