企業・団体パートナーの取り組み

関連キーワード

  • 容器包装、温暖化対策、3R、環境コミュニケーション、環境経営
 

東洋製罐株式会社

お知らせ

取り組み

東洋製罐は、総合容器メーカーとして企業活動、製品およびサービスを通じて環境を常に意識し、持続可能な社会の実現に貢献します。

環境負荷低減を目指す活動

 東洋製罐では、地球温暖化抑制に向けて、事業活動に伴うCO2排出量の削減を推進しています。「省エネ設備への切り替え」、「生産体制の高効率化」、「新規技術開発の推進」を3本柱として温暖化抑制に取り組んでいます。
 また、容器の軽量化、材料の効率的利用を積極的に進めることで限りある資源を無駄なく使い、事業所から排出される廃棄物は減量および再資源化に取り組んでいます。
 このほか、水質汚濁、大気汚染などの環境汚染につながる事故を未然に防ぐ努力を続けています。

 

環境コミュニケーション活動

 東洋製罐では、次世代を担う子ども達へ容器を題材に環境について学んでもらおうと、教育支援活動に取り組んでいます。
 環境出前授業では容器包装の3Rに関する授業を行い、容器への興味を引き出し、リサイクルの大切さに気づき、行動ができるような内容を提供しています。
 地域の環境イベントにも参加し、環境に配慮した製品の紹介や容器を使った工作などを行っています。

 

環境配慮型金属缶 TULC

TULC(左):スチール製2ピース缶。陰圧充填に対応しています。 aTULC(右):アルミ製2ピース缶。陽圧充填に対応しています。
 

TULC(左):スチール製2ピース缶。陰圧充填に対応しています。 aTULC(右):アルミ製2ピース缶。陽圧充填に対応しています。

 

 TULCは材料や生産プロセスを根本から見直すことで、環境保全性を飛躍的に高めた金属缶です。スチール製(TULC)、アルミ製(aTULC)があります。製造時に発生するCO2や産業廃棄物が大幅に削減され、一滴の水も使用することなく、コンパクトでクリーンな製缶ラインを実現しました。

 

関連ページ

企業データ

本社東京都
Webサイト東洋製罐株式会社
CSR・サステナビリティ・環境報告書:
東洋製罐サスティナビリティレポート2016
 
 

このページの先頭へ

このページの先頭へ