ホーム > えだブログ > お豆・穀類とともに帰国!

えだブログ

お豆・穀類とともに帰国!

2017年04月01日

トトネスの地元のお店で、オーガニックのいろいろな穀類やお豆が並んでいて、しかも安いのでついいっぱい買い込んで帰国(行きよりも3kg重かった笑)。羽田空港で植物検疫カウンターでお店を広げて報告したら、係の男性2人が「これは何豆かな?」「インゲンの一種でしょう」と相談しながら記録し、「検疫済」シールを貼ってくれました。トトネスで泊めてもらったホリーさんのB&Bでいただいたグラノーラがとっても美味しかったので、作り方を教えてもらい、さっそくつくってみました。準備2分+オーブン15分という簡単さで美味しくできました♪ 

17621897_1352796211474022_713552441830476224_o.jpg 17758327_1352796178140692_6203858012583667921_o.jpg
 
 
あっという間に終わってしまった英国出張。いまヒースロー空港のラウンジです。写真に写っているおとぎ話の世界みたいなシューマッハ・カレッジでEconomics for Transitionの担当のジョナサンとの2時間半にわたる学びの時間、いろいろな意味で世界の最先端をいっているトトネスのまちづくりやさまざまなプロジェクトの話も刺激的だったし、素敵な人にいっぱい会えました。「また来るね!」と約束して。何よりも日本ではまだ知られていない本当に大事な動きやスゴイ活動とのリンクが得られたのはうれしい。スーツケースに詰め切れないほどの"お土産"を持って帰ります。1つの包みをほどくのに勉強の時間がいっぱい必要だけど、1つずつ届けられるように。
 
17620145_1351051944981782_2246721707197169594_o.jpg

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ